帽子を丸める

網目のフィット感と柔らかいトクイラ藁によって、パナマハットはパッキングに適して、丸めることが出来ます。パナマハットはとても柔らかく作られていますが、旅行以外の目的で丸めると、藁にひびが入る恐れもありますので、頻繁に曲げないようにすることをお勧めします。

下記のルールを守り、帽子を丸めるときに安全なケアをしてください。

1. 折らずに丸める
網目を痛めたり、藁にひびを入れる恐れがあるため、パナマハットは丸めても折り曲げないようにしてください。

2. 旅行のためだけに丸める 丸まっている時間が長いほど、元の形に戻るまでの時間も長くなります。

3. 束や、標準の帽子は丸めない方がよいでしょう 藁が厚く、割れやすくなるからです。網目が細かいほど、丸めるに適した帽子となります。

4. 乾いた帽子を丸めないようにしましょう  パナマハットは、丸めるときに少しの湿気が必要です。そのため、暑く乾いた天候においては、帽子がからからになってしまい、このような状況下で帽子を丸めると、ひびの原因 となります。

5. パナマハットを、原型のまま保ちましょう

正しい帽子の丸め方におけるステップ

私達と接続する

ニュースレター